GA4の導入状況調査 2022年10月

GA4普及率
月次まとめ

記事公開日:

GA4の導入状況調査 2022年10月

2020年12月までは、毎月Googleタグマネージャーの導入状況を調査した結果をサマリーした記事を書いていました。しかしながら、Googleタグマネージャーの導入状況については、月々のトラフィックが下落していることから、ニーズがなくなってきたと判断し、終わらせることにしました。

その一方で、2020年10月に新たにローンチされたGoogleアナリティクス4の導入状況については、ニーズが高まっていると考え、今後はGoogleタグマネージャーではなく、Googleアナリティクス4の導入状況を調査していきたいと思います。


はじめに

上場企業のWebサイト4,040社分のウェブサイトを独自プログラムにより巡回し、Googleアナリティクス4が導入されているか否かを調査しています。判断基準としては、Node.JSのプログラムにより、ヘッドレスブラウザを立ち上げて、各社のWebサイト・トップページを開き、10秒以内に送信されたHTTPリクエストをみています。

調査対象のURLは、2021年1月のプログラム構築から都度会社URLを生成するようにしているため、基本的に上場企業を網羅する形で調査できているはずです。ただし、クロールに失敗するサイトも出てくるため、全ての上場企業のWebサイトのデータが得られているわけではありません。

また、調査対象としているのは、上場企業のコーポレートサイトとなっています。会社によっては、コーポレートサイトだけでなく、サービスサイトを別で保有し、そしてサービスサイトに注力していることも多くありますので、この導入率がそのまま実態を表しているわけではなく、あくまでも目安と思っていただければと思います。

2022年10月のデータでクロールが成功した対象サイトは、3,827社となります。

GA4の導入状況は?

2022年10月時点のGA4の導入状況は、3,827社中1,576社で導入済みで導入率は41.18%となりました。8月に調査した時点では、39.21%の導入率だったため、この1ヶ月で1.97ポイント上昇しました。

有償版のユニバーサル・アナリティクスを利用している場合、GA4への移行期限が約1年先延ばしとなるアナウンスが先日Googleから行われました。この調査では、コーポレートサイトに限定して調査していることと、1社1サイトのみの調査になるので、数値上は影響は出にくいはずです。しかしながら、有償版かつ複数の大規模サイトを持ち、急いでGA4移行を行っていた会社としては少しペースをスローダウンさせることができるのかもしれません。

まとめ

今回の調査データについては、SEM TechnologyのBigQueryに格納されており、そのBigQueryデータを用いたダッシュボードを以下のデータポータルにて確認することができるような仕組みを準備しました。ぜひ、ダッシュボードで確認してみてください(ダッシュボードは「https://datastudio.google.com/s/uB_6zDCcZOo」でも見ることができます)。