一般的に使われているホスト名統合の問題点

一般的に使われている「ホスト名とページパスを連結した文字をページパスに上書きする」ようなビューフィルタには、大きく分けて2つの問題を持っています。では、順に説明していきます。

ページレポートからページに遷移するリンクの破綻

Googleアナリティクスのページ系レポートには、下の図の赤枠のようなアイコンが表示されているものがあります。

このアイコンは、レポートに表示されている「ページ」の中身をスムーズに確認できるように、そのページへのリンクが設定されています。

しかし、そのときプロトコルやホスト名は本来の値ではなく、ビュー設定の中にある「ウェブサイトのURL」の項目で設定されているプロトコル、ホスト名が利用される仕様になっています。つまり、「ウェブサイトのURL」のプロトコルとホスト名に、ページパスの値を連結して生成されるURLにリンクします。

このとき、「ホスト名とページパスを連結した文字をページパスに上書きする」ようなビューフィルタが設定されていると、最終的に開かれるURLは、ホスト名が2回連結されてしまう状況に陥ってしまい、正しいページに遷移することができません。

Search Consoleのランディングページレポートの破綻

Search ConsoleとGoogleアナリティクスをリンクしたときにアクティベートされるレポートの中に「ランディングページ」レポートがあります。このレポートは、「行動>サイトコンテンツ>ランディングページ」レポートで見れる内容とは異なり、Search Console特有の指標も見ることができます。

具体的には、ページ単位に、検索エンジン(Google)上での「表示回数」「クリック数」「セッション数」「コンバージョン数」を通して見ることができるようになっています。つまり、検索エンジン側でのパフォーマンスと、Webサイト側のパフォーマンスを「ランディングページ」を軸に統合し、通して見ることができます。

しかしながら、このレポートも仕組みとしては、Search ConsoleとGoogleアナリティクスのデータをページ単位で統合する際に、ビュー設定の「ウェブサイトのURL」と「ページパス」の値を使っています。そのため、ビューフィルタでホスト名とビューフィルタの統合を行っていると、活用することができません。

こちらの問題は、ページ遷移リンクの問題とは違い、レポート自体が使い物にならないため、深刻です(ただ、このレポートを正しく活用できている人は少ないのが現状なので、あまり影響に気づいていないと思いますが)。

しかし、このレポートの場合は、Search Consoleに上がってきているURLと一致する必要があるので、リダイレクトなどの別の理由により、正しくレポートが出ないケースも多いので、注意が必要です。

今回の改善策で想定しているケース

今回の改善策は、1つのプロパティで計測しているサイトが、

  • メインとなるサイト構成は、1つのドメイン(サブドメインも含め)で完結している
  • 問合せフォームやカートなど、ごく一部のページが別プラットフォームになっており、別ドメイン(サブドメインも含め)となっている
  • メインとなるドメイン以外で提供されているページは、上記の問題が発生しても影響が発生しない

ようなケースを前提としています。逆に、複数のサービスを運営している会社が、1つのプロパティに統合してGoogleアナリティクスのデータを分析したい、というケースにおいては、今回の改善策を利用することはできません。

今回の改善策

今回の改善策では、ビューフィルタを利用するところまでは、一般的に使われている例と変わりませんが、ビューフィルタの設定内容に少し工夫を行っています。ここでは、本ブログを例にしてどのような設定を行うのが良いか、解説します。

本ブログのサイト構成

本ブログは、"sem-technology.info"というドメインでブログを運用しています。このブログサイトには、サブドメインは付与されていません。また、ブログサイトから、お問合せページに遷移すると、"mautic.sem-technology.info"という形でサブドメインが付与されたページに遷移します。このサブドメイン内は、Mauticというマーケティング・オートメーション・ツールを用いて運用されており、お問合せフォームや、一部のキャンペーンを実施するときのランディングページ並びにキャンペーン申し込みフォームなど、ごく一部のコンテンツを配信するためのみに使われています。

つまり、上記で記載した「今回の改善策で想定しているケース」に見事に一致します。

ビューフィルタの設定内容

既に、気づいている人もいるかもしれませんが、クロスドメイントラッキングの設定方法の中で一般的に説明されているビューフィルタではなく、下記のようなビューフィルタを設定しています。

「フィールドA → 引用A」の欄で設定するホスト名を"mautic.sem-technology.info"とすることで、このビューフィルタが適用されるのは、「ホスト名が"mautic.sem-technology.info"であるヒットのみ」に限定することができます。「フィールドB → 引用B」はいつもどおりの設定(次の構成の欄で使えるように、ページパス全体を取得)します。

そして、最後に「出力先 → 構成」で、「リンク先URI」に「/mautic$B1」を指定することで、ページパスの先頭に「/mautic」を追加し、メインサイト側とURLが区別できるようにしています(メインサイト側に「/mautic/」というサブディレクトリが存在しない、という前提が必要)。

リアルタイムレポートで確認

上記の設定ができたら、リアルタイムレポートで設定が正しく行えているかを確認しましょう。確認ポイントとしては、

  • 一部のページで使われているドメイン側にアクセスし、リアルタイムレポートでページパスの値を確認する
  • メインとなるサイト側のページにアクセスし、ページパスの値を確認する

の2点です。

まとめ

とても細かな部分になってしまいますが、Googleアナリティクスのページレポートにおける「ページを開くポップアップリンク」はとても便利です。便利である一方で、大規模サイトになるほど、このリンクが使えない状況に陥っているケースが増えてきます。もし、ご自身のサイトが上記の前提となる条件を満たしており、ページを開くポップアップリンクの挙動に不満をお持ちであれば、ぜひ本記事を参考に、改善してみてはいかがでしょうか。