設定方法

カスタムディメンションの追加

Googleアナリティクスの管理画面から追加します。こちらは公式ヘルプなどにもたくさん掲載されているので、この記事では省略します。

トラッキングコードのカスタマイズ

下記は、カスタムディメンション1にクライアントIDを設定する例になります。

gtag('js', new Date());
gtag('config', 'UA-xxxxxxxx-y', {
  'custom_map': {
    'dimension1': 'clientId'
  }
});

gtagのconfigコマンドに、custom_mapを用いて変更を加えています。custom_mapは、自身で定義するキー名だけでなく、Googleアナリティクスのデフォルトのキー名も使える、というポイントを利用しています。

現状の課題

上で説明した方法を用いることで、すでにクライアントIDをカスタムディメンションに設定することは可能です。しかし、このクライアントIDの値を「別のCRMに対して送信したい」というニーズには答えられません。こちらについては、引き続き、調べる必要があります。

まとめ

今回は、まだどこにも載っていないと思われる「gtag.jsでクライアントIDをカスタムディメンションに設定する方法」を紹介しました。gtag.jsではまだ利用できない機能もいくつか存在しますが、「できないと思っていたが、実は実装できる機能」も存在します。そのような機能は、見つけ次第すぐに共有したいと思います。