Measurement Protocolとは

Measurement Protocolとは、ユニバーサル・アナリティクスになって新しく追加された機能であり、HTTPリクエストを用いてトラッキングデータの生データを直接Googleアナリティクスのサーバーに送信する方法です。HTTPリクエストを使って送信することができるため、Webページ以外で発生する様々なユーザーのアクションをGoogleアナリティクスに送信することが可能になります(例えば、人感センサーが人を検知した時に、ページビューを送信する、など)。

この記事では、外部のマーケティング・ツールなどから出力したデータを、Googleアナリティクスにインポートすることを主目的として開発した「GA MP Tools」の使い方を紹介します。このツールを使えば、電話による問合せ・注文やセミナーへの参加といったオフラインで発生したコンバージョン・データをGoogleアナリティクスに投入する、といったことも可能になります。

GA MP Toolsの使い方

インストール

GA MP Toolsは、Googleスプレッドシートのアドオンとして実装しています。まずは、スプレッドシートを開き、「アドオン」メニューから「アドオンを取得」を選択してください。

ここから、「GA MP Tools」という名前でアドオンを検索し、表示されたアドオンをインストールしましょう。

スプレッドシートのセットアップ

セットアップ手順は簡単です。アドオンをインストールすると、「アドオン」メニューの中に「GA MP Tools」という項目が追加されます。

このメニューの中の「Setup」を選択すると、現在のシートデータをクリアして、テンプレートを作成します。

送信データの準備

送信データは、テンプレートに沿って作成します。ただし、テンプレートではデータを送信するために必要な最小限の列情報しかありません。他のパラメーターが必要になった際は、自身が送信したいパラメーターに合わせて、自由に列を追加していただいて構いません。ただし、列を追加する際は、該当の列がどういった項目なのかが分かるように2行目にMeasurement Protocolのパラメーター名を入れるようにしてください。Measurement Protocolにおいて利用可能なパラメーターの一覧は、Googleアナリティクス開発者向け公式ヘルプ - Measurement Protocol のパラメータ リファレンスで確認することができます。また、行数は何行でも追加することが可能ですので、大量のデータを送信することも可能です(スプレッドシートの実行時間に制限があるので、大量のデータを送信するときは注意が必要です)。その際は、10行目以降にある「使い方」「その他」などのヘルプメッセージは削除していただいて構いません。

また、Measurement Protocolでは、「cid」と呼ばれるユーザーを一意に特定するためのID情報が必要です。ビーコンを送信する際のcidが特定できている場合は、その値を使っていただくのが良いですが、送信する値によっては新規でcidを発行したいケースもあります。その際は、cidの列に「=uuid()」と入力してください。都度、ランダムなcidを生成することができます。

ヒットデータ送信

送信データの準備が完了したら、「アドオン」メニューの「GA MP Tools」から「Run」を実行してヒットデータを送信します。ライブラリの中では、送信データのパラメーター内に「v」と「ds」が存在しない場合はこれらのパラメーターを追加するようになっています。「v」はMeasurement Protocolの利用バージョンを表しておりデフォルトでは「1」が使われています。「ds」はデータソースを表しておりデフォルトでは「spreadsheet」を使っています。

Googleアナリティクスの計測結果を確認する

データが正しく送信されているかを、Googleアナリティクスのレポート上で確認します。まずは、リアルタイムレポートを使って、意図したヒットが送信されているかを簡単に確認しましょう。下記のキャプチャは、異なるクライアントIDを用いて、リファラーを数種類準備して、199件のヒットデータを送信したときのリアルタイムレポートの例です。

しかし、Measurement Protocolを使ってヒットを送信している場合は、リアルタイムレポートだけでは十分な確認は行なえません。

一定時間が経過(できれば数時間後と翌日にもチェックするべきです)した後に、本レポートに反映されたデータを確認し、意図通りの数値が反映されているかを確認してください。どういった軸で確認すべきかは送信したデータによって変わりますが、Googleアナリティクスの仕様に関する高度な知識が求められることもあります。最終的に、Measurement Protocolを用いて送信したデータを用いて「何がしたいか」を意識して、計測結果を確認してください。

利用シーン

今回の「GA MP Tools」の利用シーンとしてどのようなケースが考えれるかいくつかピックアップしました。

コンテンツグループやカスタムチャネルグループなどの動作テスト

解析コンサルティングや代理店という立場でGoogleアナリティクスの設定周りを担当していると、既存のGoogleアナリティクスに対して設定の変更を行うことがよくあります。その際に、正しく設定できているかをテストする必要性が出てきます。例えば、既存のビューに対して「コンテンツグループ」を設定するとして、自身の設定内容が正しいかどうかをテストすることは難しいです。そんなときに、一度テスト用のプロパティに対して設定を行い、そのプロパティにGA MP Toolsを用いて、ページビューを送信します。その後、コンテンツグループの集計結果を確認することで、意図したコンテンツグループに割り振られているかを確認できます。このとき、「GA MP Tools」に流し込むデータは、もともとのGoogleアナリティクスのレポートからページパス情報をエクスポートすることで、よりリアルなデータでテストすることが可能になります。

オフラインで発生したコンバージョンのインポート

オフラインで発生したコンバージョンをGoogleアナリティクスに取り込むためにMeasurement Protocolを利用することができます。しかしながら、実際にMeasurement Protocolを用いてオフライン・コンバージョンをGoogleアナリティクスに取り込んでいる方は極わずかです。理由は単純です。Measurement Protocolの自由度が高いためにそれを利用するには非常に高度な技術力が求められるからです。一般的なマーケターでは、技術力が不足して扱いきれません。しかし「GA MP Tools」を使って「ページパス(dp)」に「/contact/call-complete.html」を入れたデータを作成し実行すれば、Googleアナリティクスには、「/contact/call-complete.html」というページへのページビューが送信されます。後は、Googleアナリティクスの目標設定で「/contact/call-complete.html」をコンバージョンに追加すれば、オフラインコンバージョンの数を捕捉することが可能になります。送信するヒット情報に「参照元」「メディア」「キャンペーン」などを入れることで、そのオフライン・コンバージョンの発生元チャネルを反映させることも可能です(例えば、電話での会話から「Googleの検索結果からサイトを見つけて電話しました」と判明すれば、「google / organic」を参照元 / メディアにすればよいわけです)。

外部ツールとの連携

利用しているプラットフォームは、Googleのスプレッドシートなので、外部ツールと連携することも容易です。Marketoをはじめとするマーケティング・オートメーション・ツールや、CRM関連のツール、メルマガツールなどから、データをエクスポートし、そのデータをMeasurement Protocol用に加工しデータを送信することが可能です。「GA MP Tools」はスプレッドシート上で動作するため、エクスポートしたCSVファイルは別のシートに貼り付けて、スプレットシート関数などを駆使して自動でMeasurement Protocol用のデータが生成できてしまえば、ルーチン作業も簡単になります。

Measurement Protocolの注意点

タイムスタンプ

Measurement Protocolの引数には、「タイムスタンプ」がありません。基本的に、データを送信したタイミングでヒットが処理されます。そのため、Measurement Protocolのデータの送信はできるかぎりリアルタイムに行う必要があります。オフラインで発生したコンバージョンを数日後にMeasurement Protocolで取り込んでも、時系列にズレの生じたデータになってしまいます。できるだけ時間差をなくした状態で、データをインポートするようにしましょう。

なお、「キュー時間」(qt)と呼ばれるパラメーターが唯一、処理するタイミングをずらすためのものです。しかし、キュー時間は、最大4時間までの差のみをサポートしているため、スプレッドシートからMeasurement Protocolでデータを送信する際には機能不足と思われます。

上記から、

  • できるだけリアルタイムにインポート処理を実行する
  • 予めレポーティング期間を定義し、そのレポート期間に合わせて影響の出ないタイミングでインポート処理を実行する

のどちらかをとることになります。おそらく、「予めレポーティング期間を定義し、そのレポート期間に合わせて影響の出ないタイミングでインポート処理を実行する」が現実的かと思います。つまり、レポート期間を「月次」と定義するならば、毎月月末最終日にその月のデータをMeasurement Protocolでインポートし最終日のデータとして計測する、など。

二重データ送信に気をつける

現状、実行ボタンをクリックすれば、その都度Measurement Protocolのデータ送信が行われるようになっています。一度データを送信していることに気づかずに、再度「実行」ボタンをクリックしてしまうと、同じデータが2重に送信されてしまうことになります。Googleアナリティクスでは、一度送信してしまったヒットデータは取り消すことができません。そのため誤ったデータを送信してしまうと、その後ずっとそのデータが残り続けることになります。

くれぐれも注意してください。

スパムに悪用しない

一時期、リファラースパムが横行しました。そのリファラースパムでは、このMeasurement Protocolが利用されていた、と考えられます。このアドオン機能を使えば、特定のGoogleアナリティクス・プロパティに対して大量のヒットを送信することが可能です。どんなに精緻なフィルタでリファラースパム遮断を行っていたとしても、Web上のリクエストと同じパラメーターで送信してしまえば、フィルタを突破することが可能です。健全なアクセス解析環境を保ち続けるためにも、決して自身が管理するプロパティ以外に対してはデータを送信しないようにしてください。

まとめ

Measurement Protocolの機能が発表されてすでに3年以上経過していますが、Measurement Protocolを有効的に使った事例はまだほとんど出ていません。

理由としては、Measurement ProtocolはHTTPリクエストを送信しなければいけない、という点で一般のマーケターの方にとってハードルが高いことが考えられます。本アドオンを利用することで、HTTPリクエストを一括送信できるようになるので、少しでもMeasurement Protocolが使われるようになれば幸いです。

まずは、テスト用のプロパティを作成し、簡単なデータを送信するところから始めてみてください。