ソーシャルでの言及度合い(SNSチェッカー調べ)

2015年04月08日 8:00時点

項目 数値
Facebookのシェア数 26
Facebookのいいね!数 390
Facebookのコメント数 178
Twitterのツイート数 61
Google+のシェア数 10

公開直後のアクセス状況

記事の公開日時が、 4月3日の朝08:05となります(ブログのWebサーバー上のデータベースで上記記事が更新された時刻)。そして、Googleアナリティクスのデータを時間別で見てみると、8時台のセッションが2セッションあります。自分のアクセスはClientID単位で除外しているので、公開直後1時間以内の訪問が2件あるようです。Googleアナリティクスでカスタムレポートを作成し、朝8時台のアクセスの流入元を特定しましたが参照元/メディアの値は、 (direct) / (none) ということで詳細を追求できず。ただ、流入時刻が公開時刻とほぼ同一である、ということから調べてみると、どうやら、Googleウェブマスターツールの Fetch as Google の結果が反映されているのではないか?という結論に達しました。ということで、8時台のアクセスは無効にして次に進めます。

最初のアクセスは2015/04/03 09:12:07のダイレクト流入

Fetch as Googleによる流入を除いてもう一度ログを調べると、どうやら最初の流入は、 2015/04/03 09:08:09 の流入のようです。この流入は、残念ながらGoogleアナリティクスのログには残されていませんでしたが、Webサーバーのログからこのアクセスが最初のアクセスと判断できました。この流入がどこからやってきたものなのかを突き止めることは難しそうなので断念します。ただ、9時09分に @uneidou さんがTwitterにてこの記事についてつぶやいているので、最初のアクセスは@uneidouさんでしょう。その後立て続けに数分の間に、流入がいくつか発生しているので、@uneidou さん のツイートを見たユーザーがどんどん押し寄せてきているものとみられます。

また、この朝のタイミングで、Twitterだけでなく、Facebookでもシェアされたようで、9時20分ごろからFacebookからの流入も増えてきました。他に面白いところでは、 chatwork.com からも少ない流入数ながらも流入が見られました。

Facebook vs Twitter

FacebookとTwitter、どちらもソーシャルでの流入を増やすときに用いられる2大メディアですが、今回の流入数を比較すると、圧倒的にFacebookからの流入が多いという結果となりました。10時台までは、FacebookもTwitterもほぼ同程度だったものの、11時以降Facebookからの流入が急増したのに対して、Twitterからの流入はほとんど増えず、その後も横ばいが続きました。

Facebookのほうは、11時台で一度大きく伸びた後、お昼時の時間帯には大きな伸びを見せなかったものの、14時台に再び大きな伸びを見せています。その後も徐々に減衰するものの、夜まで流入は途絶えることはなく、翌日も着実に流入を増やしていました。

もう1点、おもしろいところとしては、現時点ではFacebookでのシェア数・いいね数はほとんど伸びていないのですが、Twitterのツイート数は現在も持続的に伸びている点になります。

その他の流入

TwitterとFacebookで勢いを伸ばしたあと、12時ごろに「はてなブックマーク」においてもテクノロジーカテゴリで新着エントリーに入ったこともあり、全44セッションの流入が4月3日にありました。とはいえ、人気エントリーに入らなかったこともあり、それ以上の流入は増えませんでした。

また、当日の夕方か翌日朝にGunocyやSmartNewsのようなキュレーション・メディアが拾ってアクセスが増えるかもと考えていましたが、それもなく、その後は緩やかに流入が減っていきました。

まとめ

1月ごろからブログを書き始め、検索流入メインでやってきたわけですが、今回のようにソーシャルで取り上げられることで、ここまで一気に流入が増えるとは思っていませんでした。とはいえ、今後もSEM/SEOやアクセス解析といった分野の技術領域に関する情報を発信していければと思います。