GA4において、ヒット数はどのように変化するのかの考察

GA4
考察

GA4において、ヒット数はどのように変化するのかの考察

今までのGoogleアナリティクスでは、標準計測タグを導入したときに、Googleアナリティクスに送信されていたヒットは「ページビュー」のみでした。そのため、月間のヒット数はページビュー数とイコールになるため、ヒット数の目論見は立てやすい状況でした。

では、このヒット数がGoogleアナリティクス4ではどのように変化するのか見てみたいと思います。


GAとGA4におけるヒット数の定義

GAの場合

今までのGoogleアナリティクスでは、ヒット数には「ページビュー」「(自身で実装したカスタムの)イベント」の2つが主な計算根拠となっており、これらの総和でヒット数を試算することがほとんどです。

このうち「イベント」については自身で実装しない限り送信されないので、イベントトラッキングを行っていないサイトでは「ページビュー数」=「ヒット数」でした。

GA4の場合

Googleアナリティクス4の場合、ページビューについてもイベントで計測されています。しかしながら、ページビューをイベントで計測されていること自体は問題ではありません。

GA4のヒット数について考慮すべきことは2点あります。1つ目は「セッションの開始」「新規ユーザーの計測開始」がイベントとして計測されることで、今までのGoogleアナリティクスではヒット数にカウントされなかったものがヒット数にカウントされるようになります。2つ目は「スクロール」「エンゲージメント」「離脱リンクのクリック」などの自動イベントがヒット数にカウントされるようになることです。

GAとGA4のヒット数のカウント対象の違い

以下は、トラッキングコードのカスタマイズを一切しなかった場合のヒット数のカウント対象の違いをまとめたものです。今までよりも多くのヒット数がカウントされることになりそうです。

ユーザー行動GAの場合GA4の場合
ページの閲覧対象対象
セッションの開始対象外対象
新規ユーザーの計測開始対象外対象
ページスクロール自動では計測しない対象
エンゲージメントのある行動自動では計測しない対象
離脱リンクのクリック自動では計測しない対象

ページスクロール、エンゲージメントのある行動、離脱リンクのクリックについては、今まで計測していない場合は、GA4に移行後にどのような数値になるか、事前に計算することは難しいですが、「セッションの開始」「新規ユーザーの計測開始」については、今までのGAにおける「セッション」「新規ユーザー」にそれぞれ該当するはずです。

以降では、実際の同一サイトのGA・GA4において、これらの数値をみていきたいと思います。

実際のサイトで調査

以下では、GA・GA4には何もカスタマイズを行っていない状態を想定したイベント数・ヒット数を実際のサイトで見ていきます。Googleアナリティクスでは、

  • 新規ユーザー数 ... GA4のfirst_visitイベントに相当
  • セッション数 ... GA4のsession_startイベントに相当
  • ページビュー数 ... GA4のpage_viewイベントに相当

を抽出します。Googleアナリティクス4からは、

  • 総イベント数 ... 自動で送信されるイベント全ての総数
  • アクションイベント数 ... ユーザーアクションに伴って送信される自動イベントであるscroll・engagement・clickを対象にカウント
  • 閲覧イベント数 ... ページの読み込みに伴って送信されるイベント、pageview・sessionstart・first_visitを対象にカウント。"総イベント数 - アクションイベント"と同値

で算出し、これらの比較数値として

  • 閲覧イベント数の比 ... (GA4の閲覧イベント数) / (GAの新規ユーザー数 + GAのセッション数 + GAのページビュー数), 理論的には1に近い数値になるはずの比率。
  • 総ヒット数の比 ... (GA4の総イベント数) / (GAのページビュー数), カスタマイズしていないGAをGA4にそのまま移行した時の予測ヒット数を算出するための比率。今までのヒット数からどの程度の増加率になるかを計算するためのもの。

を考えていきたいと思います。

サイト1

理論的には1となるはずの「閲覧イベント数の比」ですが、実際には0.45くらいとなり、GA4の送信ヒット数が思っていたより少ない結果となりました。続いて「総ヒット数の比」についても求めてみましたが、平均すると4.2くらいとなり、ユニバーサルアナリティクスのページビュー数の約4倍のヒット数になりました。

閲覧イベント数の比: 0.45、総ヒット数の比: 4.2

サイト2

サイト2においても理論的には1となるはずの「閲覧イベント数の比」ですが、実際には0.45くらいとなり、GA4の送信ヒット数が思っていたより少ない結果となりました。また、「総ヒット数の比」については、平均すると3.2くらいとなり、サイト1よりは低くなりましたが、それでもユニバーサルアナリティクスのページビュー数の約3倍のヒット数となります。

閲覧イベント数の比: 0.45、総ヒット数の比: 3.2

サイト3

サイト3では、「閲覧イベント数の比」が今回調査した中で最も理論値に近い数値となっており、約0.8となりました。近いと言っても0.8のため、理論通りにはなりません。また、「総ヒット数の比」を見ると、このサイトでは平均で2.2くらいとなり、今回の調査の中で最も低い数値となりました。

閲覧イベント数の比: 0.8、総ヒット数の比: 2.2

GA4におけるヒット数を予測するには

当初は、GAのページビュー数に対して一定の掛け率でおおよそのGA4におけるヒット数を見積ることができるかな、と思っていましたが、この掛け率は今回調査した3サイトでも2.2〜4.2と約2倍の差が開く結果になってしまいました。

ただし、この掛け率を算出する元となる指標を「GAのページビュー数」ではなく、「GAの新規ユーザー数 + GAのセッション数 + GAのページビュー数」とすると、この掛け率のブレは大きく減って、1.4〜1.6くらいとなりました(ここでは、間をとって1.50とします)。

つまり、この掛け率を使うことで、現在GAを利用しているサイトでそのままGA4に移行した時に、どのくらいヒット数が変化するかを大凡の値として見積ることができるようになります。

その見積もり式は、

1.5 × (GAの新規ユーザー数 + GAのセッション数 + GAのページビュー数)

となります。もし、既存のGAでイベント計測を行っている場合で、同じイベントをそのまま移行する場合は、この見積もり式にそのイベント数を加算する必要があります。

GA4を導入する際に気をつけるべきこと

まだGoogle社からの公式のアナウンスは出ていませんが、現在のGoogleアナリティクス360に対応する有償版のプロダクトがGA4でも登場するものとみられています。現在の無料版Googleアナリティクスのヒット数上限は1,000万ヒットとなっているのに対して、無料版Googleアナリティクス4のヒット数上限は現時点で発表が行われていません。

もし、無料版GA4のヒット数上限がユニバーサルアナリティクスと同じ1,000万ヒットであると仮定すると、今まで500〜600万ページビューほどで無料版GAで処理できていたサイトであってもGA4に変更するだけで1,000万ヒットを超える形になってしまいます。

おそらく、GA4においてはヒット数の閾値が1,000万ヒットではなく、もっと大きな数値にアップデートされるのではないか、と考えられますが、現時点ではそのような動きは見られないため、今後の動きを注視する必要があります。

最も懸念しなければいけないのは、月500〜600万ページビューで今まで無料版GAを使っていたサイトにおいて、GA4を導入することで無料版では賄い切ることができず有料版の導入が必要になることです。

現時点で何も断言できないですが、「GA4にするだけで、今までの2倍以上のヒット数に増加する」ということは頭の片隅にでも入れておくべきことでしょう。